FC2ブログ

ゲーム回顧録「3DO REAL+幽☆遊☆白書」

2008/05/08 (木)  カテゴリー/ゲーム回顧録

【3DO REAL】(FZ-1)/1994/松下電器:【幽☆遊☆白書】3DO/1994/トミー


1994年。
それは当時、中高生のゲーム好きにとって非常に重要な年でした。
プレイステーション、
セガサターン、
3DO REAL、
次世代マシン三機種の発売年。

スーファミ、メガドラ、PCエンジン、現行機のソフト価格は高沸し続け、
一本8000円~12000円が当たり前!
並の小遣いでは半年に一本、ないし二本買うのが関の山。

そんな中、資金不足にあえぐ子供達が光明を見出したのが次世代機でした。
たとえ購入が難しいとしても、次世代機の話なら楽しくできる。
スーファミの新作ソフトの話題は買うか借りるかして、
やらなければ話の輪に入れないが、次世代機の話なら楽しくできる。
それほどまでに当時の新作ソフトは子供の財布を圧迫していました。

私の周り、というか当時は今の世論より前向きだった気がします。
まぁ子供の感じていた事ですから、なんともいえませんけども・・・
少なくとも私の周りの話題は大人も子供も次世代機一色。
あのSONYが!
あの松下が!
ゲーム業界に参入する!


私の記憶に鮮烈に残っているもの、それは。
3DO REALのデザインが異常に格好いい!
4本の柱が、神殿の様で神々しくさえ見える!
セガサターンはでかすぎる。
PSはなかなか格好いいが、
3DO REALは断然格好いい!
実際は物凄く意味のない事なのですが、
ハードのデザインて購入前だけ重要じゃありませんか?
いや、購入前だけ、じゃなくて発売前かもしれない・・・
いや、これは誰からも同意を得られないかも・・・
ただ私にとっては非常に重要な問題で、
後に3DOがデザインを変更するのですが、そちらは全くもって格好悪い。
これは無いわ、もういいや。
なんて思ったのを覚えています。
PCエンジンも、白エンジンにこだわってましたし。

私がPS3に興味を持てなかったのは
金額うんぬんもありますが、正直デザインが・・・
まぁ、やりたいソフトが出たら関係ないんですけど。


デザインの事もありますが、
松下がゲーム機を作る。という事に凄い感動を受けた事を覚えています。
松下がやるなら安心。
ただ、私当時10代前半なんですよね。
こんなおっさん臭い事本当に考えてたのかな、
と疑心暗鬼になるのですが、親友数人との会話を今でもしっかりと覚えてるんですよね。
子供の考える事は解らない・・・


誕生日プレゼントに3DO REALをお願いした私は、
発売したてのソフト「幽☆遊☆白書」と共に嬉々として近所の電気屋から
3DO REALを抱えて帰ってきたのです。
この後、PSとSSの時代が来るとも知らず大変幸福な一時でした。

悲しい事に3DOのソフトで記憶しているのはこの「幽☆遊☆白書」だけなのです。
確かにこの後、かなり早い時期にセガサターンを手に入れるのですが、
さすがに新作ハードをソフト1本だけ遊んで終わり。
なんて豪奢な事をしてるハズないのですが。


問題のソフト「幽☆遊☆白書」ですが、
こちらは大当たりなゲームだった事を記憶しています。
幽☆遊☆白書のソフトは
幽☆遊☆白書:SFC、
幽☆遊☆白書2 格闘の章:SFC、
幽☆遊☆白書 特別編:SFC、
幽☆遊☆白書FINAL 魔界最強列伝:SFC、
幽☆遊☆白書 3DO
の計5本をだいぶ遊びましたが、
ビジュアルバトルは別ジャンルとして相当面白かったけれど、
格闘ゲームの体を成している物の中では一番面白かった!
刃霧要というキャラの「死紋十字班」という技
(相手の体に的をつける。刃霧の操るものは、その的めがけて飛んでいく。)
が再現されたゲームは3DO版だけで、
最終的にトラックまで飛んでくる演出には度肝を抜かれました。


たったの1本しかソフトの記憶がない3DOですが、
ここまで見事に消えてしまった今、
とりあえずはプレイできてよかった。
3DO持ってたなんて、それだけで一ネタになるし・・・
既にゲームギアでもやっちゃってるし・・・


現在3DOの事を書いていて思う事。
それは、
私に子供ができたら誕生日プレゼントだとしても、
54,800円もするゲーム機は買いません。
スポンサーサイト



テーマ : 懐かしのゲーム - ジャンル : ゲーム

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)