FC2ブログ

ゲーム回顧録「サイバードッジ」

2008/05/09 (金)  カテゴリー/PCエンジン回顧録

【サイバードッジ】PCエンジン/1992/トンキンハウス


PCエンジンは私にとって、最も思い出深いハードです。
遊び倒したソフト、大好きなソフト、思い出深いソフト、
順位を付けるのは相当な労力と苦悩が予想されますが、
兄弟で(私には弟が一人います)最も対戦したゲームと言えば、ほぼ間違いなく
このサイバードッジでしょう。


このゲーム、ドッジとは名ばかりの殺し合いで、ボールがヒットしても陣地から出ません。
ヒットすると鎧や装甲が華麗に吹き飛び、しまいには死んでしまう。

チームも異色で
アメフトの様なチーム、魔道師チーム、ローマ時代の兵士の様なチーム、
ターミネーターの様な機械のチーム、スケルトンのチーム、
最初からスポーツマンシップなんて守る気無さそうな取り合わせ…
統一感も全然ない…

私の記憶だと内野が計4人、うち一人がリーダーで必殺技が使えたと思います。

理由は解りませんが何故か「くにお君のドッジボール」より白熱したんですよね…
ストーリーも当然ないのに…

鎧が吹き飛ぶのが良かったのか、なんなのか…
それ以前にターゲット層が不明です。
絵面は凄くかっこいいのにジャンルはドッジボール。
対象が低年齢なのか大人向けなのか…

PCエンジンを持っている友人はたくさんいましたけど、
このソフトを所持していたのは私の家だけ…
突っ込みどころ満載で、今考えてみるとシュールすぎるゲームですが、
凄く面白かったですよ…サイバードッジ。
スポンサーサイト



テーマ : 懐かしのゲーム - ジャンル : ゲーム

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)