FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム回顧録「ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁」

2008/06/18 (水)  カテゴリー/スーファミ回顧録

【ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁】SFC/1992/エニックス

PS2のリメイクに続き、今度はDSにリメイクだそうで…
しかも三人目の嫁?スクエニはギャルゲーにでもしたいのでしょうか…

SFC版からPS2版へのリメイクはハードの世代的にも
年月的にも素晴らしいタイミングであり、
出来の方もハードの進化を感じさせる非常に良い物でした。

先日、私の弟がSFC版をクリアしたそうなので
こちらにそのレビューを記述しておきます。
「幼少期から青年期、そして大人へと成長していく過程に無理がなく、
スムーズに感情移入する事ができました。
奴隷になりながら成長していく過程、石化されている時の子供達の成長、
親になった後、親の敵と戦った時は一際コントローラーを握る手が堅くなりました。
正直、大人がやった方が妄想できて楽しめると思います。

結婚イベントなども子供の頃にやった時には感じなかった
不思議なリアリティ?に襲われます…
昔は毎回フローラと結婚していたのですが今回はビアンカです。

理由として、
フローラ:お金持ちのお嬢様

ビアンカ:幼なじみで母が他界してから病気の父の面倒見っぱなし。
ええ娘やないか…しかもビアンカ父に
「母親が他界してから苦労をかけた、あの娘は本当の娘ではないから…」
「幼なじみの君の顔を見て久しぶりにわらったんだ君と一緒になってくれれば…」
フローラ選べねーよ…

主人公の職業が、
「パパスの子」「どれい」「とうぼうしたどれい」
「さすらいのたびびと」「モンスターつかい」「グランバニア王」
と予告なく替わっていくのも面白いです。

サブイベントでは時代が進み、ヘンリー王子の子供と自分の子供が幼少期にやった、
子分のしるしを取ってくるイベントを繰り返しているのが好きです。

戦闘システムはドラクエだけあって非常にスピーディーでストレスはあまりない。
ただ、思っていた以上に属性が強く、
ベギラゴンよりヒャダルコの方が効果的だったりして驚きでした。

これは好き嫌いの問題かも知れませんが
HPやMP、ダメージ値が大きすぎないのも
シビアさに繋がり、惚れ直しました。
最強魔法ギガディンでも終盤の敵には200前後の威力、
インフレ気味な昨今のゲームに慣れていた分、意外な渋さを感じました。

全体として非常にスムーズでバランスは最高です。
サブイベント的なメダル王に関しても無理なく集められます。
カジノは大変ですがやる必要もないですし、モンスターの収集も無理がない。
予想外にレベル上げも大して必要なくクリアできました。

少し残念だったのが武具や道具の使用効果が表記されない事。
まぁ説明書に書いてあるのかもしれませんが…

リーマンゲーマーとしてはやりこみ要素がマイナスに働く傾向が強いので、
スムーズさが非常に重要になります。
アイテムの種類の少なさ(気のせい?)も魅力的です。

ちなみに世界樹の葉は5個、魔法のせいすいは12個、
エルフの飲み薬(MP全回復)は4個しか手に入らずかなりシビアでした…
魔法も最大MP140位。マヒャドが消費MP12、乱発できません。
あぁアスピルが使えたら…

ラスボスのミルドラースが非常に弱い記憶がありましたが全然強かったです。
さすが大魔王様…昔の勇者様はどんだけ強かったんだかなぁ…」


今回は私の弟のレビューをお送り致しましたが、
私にとっても思い出に残る大切な作品です。
SFC版とPS2版に関しては現在プレイしたとしても間違いなく心に残る
神ゲーである事をお約束します。

スクエニは適当な仕事してないで、
いい加減DQ3のリメイクを作ってください…
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしのゲーム - ジャンル : ゲーム

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。