FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムのアクションゲームの話

2008/06/30 (月)  カテゴリー/ゲーム回顧録

【機動戦士ガンダム】SS/1995
【機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…】DC/1999
【機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles】PS2/2002

360ソフト「ガンダム:オペレーショントロイ」の発売を記念して
私がハマった「ガンダムのアクションゲーム」について語っていきたいと思います。


「機動戦士ガンダム」:SS
ガンダムのアクションゲームでハマった最初のソフト、
PS版「ガンダム」がパイロットビューを売りにしたのに対し、
SS版は非常にクオリティの高い2D横スクロールアクション。
高校時代の友人が初代ガンダムマニアで、
本作の為だけにSSを購入したという猛者でした。
当然所持しているソフトは本作のみ。
それが上手いの何のって…ノーコンティニューは当たり前。
撃墜率はほぼ100%!
私も彼に触発されて購入しましたが当然、彼のようにはいかず四苦八苦しました。

画面に「奥」があり、奥から来る敵はロックして射撃で倒す。
同時ロック可能数はステージごとにスコアを貯め、
ニュータイプレベルを上げると増やせる。
ステージの導入部でオプションの武器(ハンマーやジャベリン等)や、
援護攻撃(ホワイトベースの援護射撃やガンキャノンが僚機として同行等)
の選択ができる。

2D横スクロールアクション最高峰のゲームの一つとして数えられる逸品でした。


「機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で・・・」:DC
パイロットビューの名作ガンダムゲーム。
当時、群を抜いて美しいグラフィックに唖然としました。
オーストラリア地区の連邦軍の部隊「ホワイトディンゴ」の活躍を描いた本作。
仲間同士の無線のやりとりがエースコンバット並に熱いです。

本作には狙撃モードが搭載されており、ズームが出来るのですが、
細かい演出がなされていてかっこいい。

部下のMS二機とホバークラフトを指揮するのですが、
マップ画面を開いての指揮なのでじっくり作戦が立てられます。

コクピットの視界がフレームに仕切られて狭い、
最近のゲームと比較して機体の揺れが少し激しい、
武器の持ち換えにタイムラグがある。
上記三点は賛否が別れそうな演出。
私自身は良点として捉えています。
難易度が少々高めですが、現在プレイしても面白い逸品です。


「ガンダム戦記」:PS2
こちらもパイロットビューの名作。
連邦、ジオン両方のストーリーが用意されており、
搭乗可能なMSも20体以上と凄まじいボリュームです。
ジオン側は水陸両用MSであるゾックやハイゴッグに乗れるのが嬉しい。

いくつかのステージで条件を満たすとアムロ等の原作キャラクターが介入してくる、
なんていう凝った演出も面白い。(敵として出現するとケタ違いに強いが…)

ステージクリア後に微妙な美少女達
(連邦は年端もいかないオペレーターか何か、ジオンはナナイみたいな妙齢の参謀)
によって評価を受けるのですが、
良かろうが悪かろうが、いまいち雰囲気をぶっ壊される。
まぁこの辺の好みは人それぞれなんでしょうが…
最後に文句言いましたが、
ガンダム系のシミュレーターとしては最高の逸品です。


今回3本のソフトをまとめて紹介させてもらいましたが、
どれも2008年現在のプレイに十分耐える逸品揃いです。
スポンサーサイト

テーマ : ▼ゲームの話 - ジャンル : ゲーム

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。