FC2ブログ

ゲーム回顧録「クロノクロス」クリア完了編

2008/07/02 (水)  カテゴリー/PSone回顧録

「クロノトリガー」DS移植化発表だそうで、凄いタイミング・・・
「クロノクロス」無事クリア完了いたしました!
56時間!
やっぱりRPGは長い!長すぎる!
でも凄くよかった!

※ネタばれあり※

人間を予定調和によって守ろうとする「フェイト」
人間に蹂躙されてきた自然の化身とも言える「古龍」
本来起こるべきだった未来と変えられた未来の関係。
だーっと泣けるような人間劇ではないのですが、
なんだか深い・・・
いちいち悩まずにはいられません。

終盤になるにつれ、
しっかりと解き明かされていく数々の謎。
「主人公」が何故世界の別れ目のキーポイントになったのか、
「キッド」が何をしたかったのか、
「ヤマネコ」は何者だったのか、
「ツクヨミ」は何者だったのか、
全て解ったような気にさせてくれますが、
全て少しだけ謎が残ったり、完全には明確にならない。
そしてまたプレイヤーに想像させてくれる。
本当にギリギリの線を突いてきます。
かといって投げっぱなし・・・なんていう部分は微塵も感じられません。


ポイントポイントをしっかりと掴んで挿入される台詞も相当に素敵です。
いい感じの臭さ加減にグッときます。

当初、戸惑いを隠せなかった戦闘「クロス・シーケンス・バトル」
後半になればなるほどスピード感が増していき、
ただただ長い戦闘にはならない素晴らしい装置だった事を確信します。
※女神転生シリーズにおける戦闘の緊張感が一番近かったように感じました。
最終決戦なんか特に「クロノクロス起動」に全力をかけるのみ!
潔よすぎる!かっこよすぎる!


「クロノトリガー」の面子も見事な程に花を添えています。
特に「ルッカ」、相当いいとこ持っていってる!
「私達がしてきた事に後悔はない!」
私としてはその台詞だけで「クロノクロス」において悲しい役回りを演じた
「トリガー」のメンバー達が救われた瞬間でした。


しばらく前に記述いたしました「心に染みたRPG」で名前を挙げなくて、
本当にすいませんでした。
という事で、一切の文句なしに☆☆☆☆☆
lucca.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 懐かしのゲーム - ジャンル : ゲーム

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)