FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム回顧録「ブシドーブレード」

2008/05/07 (水)  カテゴリー/PSone回顧録

【ブシドーブレード】PS/1997/スクウェア


スクウェアと言えばFFで有名な会社ですが、
PS時代、前衛的なソフトを乱発していた時期がありました。


パラサイトイヴ、
ブシドーブレード、
武蔵伝、
双界儀、
アインハンダー、
私はこの時期のソフトが大好きなのですが、
友人達の間では完全に、様子見リストの中に入れられてしまっていました。

当時は闘神伝が非常に流行っていましたが、
格闘ゲームはすぐに実力差がついてしまい、
友人を選びます。
それを打開しようとしたのが、
このブシドーブレード。

体力ゲージがなく、当たり所によっては、というか大抵ヒットすると一撃で死ぬ。
防御ボタンがないので、敵の攻撃は避けるか打ち合わせるしかない。

このシステムは非常に画期的で、早ければ一試合が五秒で終わるという前代未聞のゲームでした。

友人が私の家に来た際、ブシドーブレードをとりあえず起動させると
大変盛り上がり、三時間は平気で遊び続けられる。
一度遊んだ友人はまたやろう、またやろうとせがんでくる。
それなのに、俺も買おう。
という人間が一向に現れない…

やっぱりキャラクターの地味さ加減が悪かったのでしょうか…
まぁブシドーブレード弐も発売されたのでそれなりに売れたのでしょうけど。

何はともあれ、この時期の新ジャンルに挑戦したスクウェアには名作、良作ぞろい。
現在はゲームの制作費が膨れ上がり、昔のように冒険するのは難しいのかも知れませんが、
ぜひ新ジャンル、新システム、新タイトルを作ってもらいたい。
ブシドーブレードを思い出すたび、そう思います。
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしのゲーム - ジャンル : ゲーム

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。